上杉清仁先生

上杉先生のレッスンは経験者以上のみ行っています。
初心者の方で上杉先生のレッスンを希望される場合は、経験者の料金となりますのでご了承下さい。

プロフィール

上杉清仁の写真
高知大学人文学部卒業。
同大学院教育学研究科音楽教育専修修了。東京藝術大学大学院博士後期課程を修了し博士号(音楽)を取得。
スイス・バーゼル音楽大学・スコラカントルムに留学し、ゲルト・テュルク、アンドレアス・ショル両氏のもとで研鑽を積む。
声楽を小原浄二、野々下由香里、伊原直子、戸田敏子、ペーター・コーイ、ロビン・ブレイズ、パスカル・ベルタン、クラウス・オッカーの各氏に、バロック歌唱装飾法を故大橋敏成、アンサンブルをアンドレア・マルコン、アンソニー・ルーリーの各氏に師事。2000年古楽コンクール(山梨)において最高位受賞。伴わせて、『蔵の街』音楽祭賞を受賞。ヨーロッパ各地で演奏会、フェスティヴァルに数多く参加している。
その色彩豊かで柔らかい美声には定評があり、日本を代表するカウンターテナー歌手として注目を集めている。中世、ルネッサンス、宗教曲、オペラ、歌曲はもちろんのこと、現代曲に至るまで広いレパートリーも持っており、クラシックだけでなく、シャンソンや童謡なども活動の一つにしている。また、発声学や解剖学にも造詣が深く、発声のメカニズムにおける必要知識や、身体の使い方に関するメソッドを数多く持っている。バッハ・コレギウム・ジャパン、声楽アンサンブル「ラ・フォンテヴェルデ」、高知バッハカンタータフェライン、Seven Tears Consort各メンバー。
東京ムジーククライス副指揮者、北九州聖楽研究会ヴォイストレーナー。
日本声楽発声学会会員。

専門音楽学科

声楽 カウンターテノール
経験者声楽レッスン案内
音大受験・音楽高校声楽レッスン案内

演奏会出演歴

朝日新聞社主催 芸大メサイア アルトソロ(芸大史上初男性アルト)
オペラ『サテュリコン』(日本初演)
バッハ・コレギウム・ジャパン15周年記念公演ソリスト
信長公御前演奏会(CD録音 市販)
日韓若手音楽家交流演奏会(韓国と日本の各主催)
ホテルオークラ主催 ベートーヴェン第九 ソリスト
声楽アンサンブル『ラ・フォンテヴェルデ』新日フィルとの共演
間宮芳生オペラ『ポポイ』タイトルロール(日本初演)
モンテヴェルディ オペラ『ポッペアの戴冠』(アルナルタ)新国立劇場
エディンバラ音楽祭 ヘンデル『リナルド』(Mago役)
ヘンデル協会 オペラ『オットーネ』タイトルロール  他

担当科目

ピアノ、声楽

趣味

気の合う仲間と飲みに行く!!(最近はもっか芋焼酎!)温泉!!
カフェでお茶!!知らない駅で降りて町散策(いろいろな人情が生きていてたくさんの笑顔に出会えます☆)

あいさつ

皆さんこんにちは。はじめまして!上杉 清仁(スミヒトって読みます)です。声楽を主に担当させていただきます。
皆さんは、声楽と聞くとオペラや歌曲といったクラシックを想像されますか?もちろん、それも正解です。しかし、声楽とは、その文字のごとく、声を使って、楽しむこと!!!です。
つまり、声を使うジャンルをすべて扱うのが声楽の大きな意味です。声楽指導において、私が一番大切にしたいのは、皆さんお一人お一人の声です。声は人それぞれ違います。しかしそれが他の人とは比べられないかけがえのない魅力です!レッスンを通じて、皆さんの素晴らしい持ち物である“声”を発見していただき、その声を使って皆さんの音楽表現を磨くことに、精神誠意、努めたいと思います。

声を出すことは健康にとっても良いと言われています。朝、誰かに会って素敵な声で「おはよう〜〜!」と言われたら、なんて気持ちの良い一日になることでしょう。
声は、私たち人間が歌うためだけに使われるわけではありません。言葉を発するときにも使います。ですから、声の魅力は歌にも、話にも影響を与えます。皆さんの声に関する疑問や、悩みにもわかりやすくお答えし説明します。声の魅力を皆さんと一緒に深めていきたいと思っています。

怖がったり、緊張したりすると本来の声がでないことは、私の今までの学生経験として痛感してきました。ですから、笑いながら、楽しみながら(もちろん真剣にです!)レッスンをしていきたいと思います。
経験者声楽レッスン案内
音大受験・音楽高校声楽レッスン案内

上杉清仁先生に無料体験レッスンを受ける

体験レッスンは、皆様のご都合により合わせやすいように、土日祝日遅い時間帯もご指定できます。ご遠慮なく日時をご指定ください。
指定可能日時:全日 朝9時〜夜8時 受付担当:青島



Pocket
LINEで送る